Browse By

町田の葬儀社が多く取り扱うお葬式

町田市で葬儀を行うにあたって、どこに手配を頼もうかとインターネットで調べてみると、圧倒的に家族葬を執り行う葬儀社が目立ちます。昨今、一般葬よりも家族葬が選ばれる傾向が強くなっていますが、その理由として、知らせる先が限定されること、参列者の数があらかじめわかることなどが、お葬式の手配が進めやすい理由として歓迎されていると考えられます。町田市で家族葬を執り行う業者が多いのも、町田が東京都心のベッドタウンとして、生活の拠点となっているエリアだからこそです。会社関係者の人に参列してもらうとなると、誰が来るのか予測ができませんから、準備も大変になります。そのため、親族のみで葬儀を行いますということにすれば、心証を悪くすることなく参列を見合わせてもらうことができるでしょう。家族葬が広まって行ったのは、忙しい現代人が生み出した需要かもしれません。

町田の葬儀は家族の負担を考えて選択

一般葬を行うとなれば、お通夜と告別式を親族以外の人も受け入れて行うことになるため、かなりの人数が参列する可能性が出てきます。親族のほとんどが社会人ということになれば、祖父母の葬儀であっても会社関係者の人が弔問に訪れてくれるでしょう。親族が多ければ比例して参列者の数も増え、あの人は誰の関係者なのだろうかということが増えてきます。昨今、そうした誰の関係者なのかわからないという人のお参りは避けてもらいたいと考え、家族葬を選ぶ人が増えてきています。町田でも例外ではなく、故人にとっても知らない人が大勢来てくれる葬儀よりは、より身近な存在が集まり、しっかりと最後お別れをしてくれた方が喜ぶだろうと考えるからでしょう。故人がどう思うかはもはや知る由もありませんが、家族にとって負担軽減となるのは間違いありません。

町田で葬儀をお考えの方へ

東京、町田市において葬儀をお考えの方。町田市においては公営斎場として南多摩斎場が有名ですが、最近ではいろんな形態の葬式があり、その中で樹木葬を町田市において行っている所もあります。葬儀と言うと暗いイメージを与えやすいですが、町田いずみ浄苑・フォレストパークにおいて、エンディングセンターとして桜葬、樹木葬墓地が置かれています。墓地と言うと墓石と言う印象を与えますが、樹木葬墓地は桜の木を墓標とし、遺骨を土に還す方法をとっています。普段の葬式とは違い、明るいイメージを残します。墓地と言うと暗いイメージももたらしますが、樹木葬墓地は公園の一画に設けたり、小川を設けたりする場所もあり、来られる方に公園に来る感覚を与えてくださいます。墓地と言うと墓石の管理や整備に労力やコストがかさみがちですが、樹木葬は公園の管理と言うことでコストを抑えてるところが多いです。樹木葬と言う選択もお考えになってはとお勧めします。