Browse By

町田で行われる葬儀の様子

町田というところは、東京の中でも都心のベッドタウンとして多くの人が暮らしている街だけに、家族が暮らす場所、つまり生活の拠点となる地域と考えていいと思われます。そうした場所では、子供が生まれるといううれしいこともありますし、一方でこれまでこの世にいた人が、あの世へと旅立っていくこともあります。昨今、高齢者が増えてきたことから、子供が生まれる機会よりも、葬儀に参列する機会の方が間違いなく多いでしょう。町田のように、都心で働く人たちのベッドタウンとして開けてきたようなところでは、おそらくよほどの旧家でもない限り、家からお葬式を出すといったことはないと思われます。市内の便利なところに葬儀会館が作られていますので、何もかも準備万端整えてくれる会館に遺族や親族が集まり、一般葬、もしくは家族葬を行うのが主流となっています。

町田市で葬儀をあげるためには

町田市には、葬儀をできるだけ安くおさえながら行いたいというかたむけに、町田市葬祭事業所があり、葬儀にはまとまったお金がかかってしまうことがほとんどとなっていますが、かかってしまう費用の方をなるべくおさえることができるようになっています。利用することができる対象者は、市民であったり申請者が町田にすんでいるという事が前提となっていますが、通常かかってしまう費用に比べると大分安く行うことができるため、人が亡くなってしまうと、お通夜から火葬、告別式などやらなくてはならないことが多くあることや、用意しなければいけないものも多くあるため、どうしても費用の方が多くかかってしまうという事がありますが、葬祭事業者を利用することによって、遺族が負担しなければならない費用をとてもおさえることができるようになっています。

町田市内で行なわれる葬儀の形態

東京へも横浜へも通勤が可能とあり、更には近隣に大学も多いことから、活気のある街として人気になっているのが、町田市です。駅前には、商業施設も充実しており、住み良い街としても知られる街になっています。そんな町田市内で行なわれる葬儀の形も、個人葬と言う形から家族葬と言った小さな葬儀へ変りつつあります。そこには個人葬の場合、友人から会社関係の人々、更には親しくない人までが式に参列することが、普通の時代から、親しい人だけの葬儀と形に変化して来ていることが、その理由になります。他の地域から人の流入が多くなったことも、式の形態を変えて来てる理由でしょう。この家族葬も決まったものではないため、親しい人に知らせる時もあれば、親戚までの連絡で終わってしまうこともあるようです。そんな家族葬が多くなっている町田の形態です。