Browse By

町田の葬儀も今の時代に合わせたものが主流です

最近のお葬式は、遺族や親族など故人と近しい関係にあった人たちだけでこぢんまりと送りたいと考え、家族葬が選ばれることが多くなりました。一方で、生前ご近所づきあいが合った人たちに対しては、改めてお別れの会を催すことで、故人との別れをしてもらおうという選択をするケースが増えています。町田は、東京都心のベッドタウンということもあり、生活の拠点となるエリアですが、ここでも葬儀は家族葬、そしてお世話になった方々を招いてのお別れの会を開くという流れで、お葬式が行われる割合が増えています。親子の間柄でも一緒には暮らさず、それぞれ別々に家を持ち、それぞれの暮らしを確立させていく現代社会においては、お葬式自体が家から出せない状況となっています。葬儀に参列する親族にとっても、お別れをしたいご近所さんにとってもベストな選択肢が、今選ばれているスタイルの理由と言えます。

町田で家族葬という葬儀が選ばれる理由

町田市は東京都心で働く人たちが多く暮らすベッドタウンですので、その暮らしの中で葬儀を行うことになった場合、できるだけ効率よく進めたいと考える人が多いと思われます。たいていは高齢の親を送るため、子供が葬儀の手配をするというのが一般的ですので、仕事を休んでお葬式の準備を進めることになります。いくら身内の不幸だからとはいうものの、40代、50代といった会社で中心的役割を果たす年代の社員としては、そう何日も休むわけにはいきません。いきおい、いかに効率よく葬儀の手配を進めるかが重要になってきます。その結果、家族葬を選択することにより、参列者の数をあらかじめ絞り込むことになります。会社関係の人が来ないだけでも、対応はかなり楽になりますし、お香典を辞退すればさらに手間が省けることから、町田のようなベッドタウンでは家族葬が多く選ばれるというわけです。

高齢になって町田で葬儀を手配する場合なら

今や成長した子供が結婚するとなった場合、親と同居することを選択するケースはほとんどないと言っていいでしょう。仮に同じ町田市内であっても、親は親、子供は子供でそれぞれに家を持ち、別々の世帯を構えるのが普通です。そのため、高齢になった夫婦のうちどちらかが他界した場合、残された者が葬儀の手配をすることになります。当然、息子か娘夫婦が手伝ってはくれるでしょうが、お葬式を出すにあたって必要な費用まで出してくれるとは限りません。そのため、年を取ってもうあまり人とのお付き合いもなかったというのであれば、金銭的負担の少ない家族葬が適しています。金銭的負担という点で考えてみるならば、いっそのこと、家族葬よりもさらにシンプルな直葬という選択肢も考えてみるべきかもしれません。無駄を一切省きつつも、決して粗末ではない葬儀をしてもらえるようになっています。